【こりん画伯のアトリエ】20180410更新

【タイトル:大仏】
ありがたい大仏を描いた作品。一部から、大根の化身、ハリボテ、スペシウム光線を出しているなどという声が上がるが、これは大仏である。



【タイトル:毛並ツヤツヤエキス】
世界保健デーに描かれた作品。ぷーにゃんが犠牲となった。注射の中身は、毛並みがツヤツヤになるエキスらしい。




【タイトル:インゲン三兄弟】
インゲンの日に生み出されたクリーチャー。手足はだれが動かしているのか不明という、不明な設定も付加された。新たな岡崎のゆるキャラとしての成長を、ちょっとだけ期待されている。



【タイトル:埋蔵金のありか】
エイプリルフールのネタとして、こりんちゃんが前日の深夜にかき上げた、宝の地図。嬉しくて、朝の4時に投稿してから、「ドッキリプラカード」を持って宝を示す場所で隠れていたが、誰も来なかった。マップが適当だったせいで、みんなが迷ってしまったのかもしれないと、本人は反省している。



【タイトル:風来らくだ】
シルクロードを旅する、風来のらくだを描いた作品。らくだのサイズにツッコミが入りかかったが、それは目の錯覚である。



【タイトル:にこにこ太陽】
世界気象デーを紹介する時に描かれた太陽の絵。すこし細菌っぽい様相をのぞけば、とても温かみのある作品である。




【タイトル:火の鳥の復活!!】
手塚治虫先生の傑作、火の鳥に感銘をうけて描かれた作品。火から飛び出したところを、躍動感とともに描かれている。


【タイトル:八丁味噌おはぎ】
 商品開発の一環で描かれた、こりんちゃん初のお菓子パッケージデザイン。八丁味噌味のあんこで作ったおはぎらしい。べべちゃんが、魔界の川で泳ぐ何かに見えると、しきりに怖がった作品。

【タイトル:ヘビのぬけがら】
 サイフの日を紹介した時に、「財布にヘビのぬけがらを入れると良い」という言い伝えを説明するために描かれた作品。オタマジャクシ疑惑は、いまだぬぐえていない。

コメント

このブログの人気の投稿

【まちの活動ファイル1】フラッグが彩る、康生を訪ねて。

【corin×企業コラボクローズアップ】こりんちゃん、手風琴のしらべの宣伝部長に就任!?

【岡崎を読んで楽しむ『岡崎本』】~岡崎散歩:ふるかはひでたか著~