【リバフロ通信②】東岡崎周辺が一新?!シン・ヒガオカの秘密に迫る






これから東岡崎駅周辺はどう変わるの?気になるそのギモンを徹底取材しました

バリケードに覆われた現在の名鉄東岡崎駅周辺。
これからどう変わっていくの?そんな私たちのギモンを市役所の拠点整備課の方々にズバッとお聞きしちゃいました。
今の名鉄東岡崎駅のイメージといえば、年季が入っていると言えば聞こえが良いけれど、実際は老朽化が進み、かつての賑わい懐かし閑古鳥。
その影響で駅周辺も居酒屋やネオン街…のイメージなどはあったとしても、モーニングやランチにちょっと足をのばして散歩のお買い物…とは縁遠い状態。
名鉄東岡崎駅や駅周辺をもっと元気に!もっと便利に!もっと岡崎らしさで溢れた玄関口にしたい!とまずは手始めに駅周辺からの開発がスタートしました。
さて、あの厚いバリケードの中の未来はどうなっていくのでしょう。これを読み終わる頃には周りの人たちに、来る平成31年4頃には大体こんな感じになるんだよ~なんて話題ができちゃうくらいに伝わってくれたら嬉しいです。

さて「シン・ヒガオカ」を語るには、3つのキーワードがあります。
「ペデストリアンデッキ」、「街のコンシェルジュ」、「パーク&ライド」。
ペデ?案内人?乗ったり降りたり?
…このキーワードでシン・ヒガオカはもっと便利にもっとオシャレに思わずみんながちょっと立ち寄りたくなるような駅周辺に進化しちゃいます。
駅まで雨に濡れず、人・車・自転車・車いす・ベビーカーも安全・快適に。
素敵な景色の中で地元岡崎の食材を使用したランチやディナーを。
匠の技光る岡崎の伝統文化に触れたり、今人気のマルシェやイベントなどの開催…
と、ただ通り過ぎるだけの場所から、みんなが笑顔で楽しめる素敵な場所へと生まれ変わっちゃいます。

あれれ?駅周辺だけ?イエイエ、もちろん駅も一新しちゃいます。
そのお話は別の機会に。それまで楽しみにお待ちくださいね!




☞ペデストリアンデッキ

便利!多機能な歩道橋♪
駅、まち、川、商業施設、駐車場、駐輪場、ロータリーなどを結び、家康公像が見守るデッキ。通称「ペデ」。雨天も安心設計です。



☞まちのコンシェルジュ

岡崎の案内窓口は、ここ。
岡崎の伝統や文化に触れられるスペースやイベント開催、レンタサイクルなど、岡崎の街の案内機能を様々な形で備えます。



☞パーク&ライド

車を停めて、電車でGO!
歩道と車道を完全に分離させて、駐車場・駐輪場から駅までの安全確保とスムーズな乗り降りで、雨に濡れることなく乗り繋げます。







☞「ここは抑えておきたい!駐輪場のお話」

新たな駐輪場は有料で、無料駐輪場は無くなります。しかし、雨の心配のない屋内駐輪場になり、安全対策のための24時間監視カメラや人員も配置し、安全、安心、快適を重視しています。またトイレやエレベーターも設置されますので小さなお子様連れでも安心です。


とっても便利!駅と川、そして、まちへとつながる「ハブスポット」

川へ、お城へ、まちへ…様々な形で安全に快適に繋いでゆく中心地をめざします。屋根付きのペデストリアンデッキが、屋内の駐車・駐輪場、滞在に便利な駅前のオシャレなホテル、商業施設などを繋ぎます。また歩車分離で歩行者の安全や車イス・ベビーカーにも便利なエレベーターを設置。また公園、商業施設、イベントなどで人々の交流も結び付けます。さらにレンタサイクルや観光案内、展示や催事などで岡崎の歴史・文化の起点の場所となります。


あふれる緑や川面に癒されながらランチやディナーを駅前で!

川沿いにもかかわらず、いままでロケーションを活かした食事処が駅周辺にはありませんでしたが、川面を背景に桜や木々など緑のあふれる公園を眺めながら、カフェや人気の飲食店などを楽しめます。岡崎ならではの名産を活かしたランチやディナー、のんびりティータイムなどはいかかですか?また天気の良い日には公園でお弁当を広げたり、読書をしたり、ゆったりとした空間で一息ついたり、ちょっとした時間つぶしにもついつい足を延ばしたくなるそんな空間が広がります。



マルシェやフリーマーケットなどイベントで賑わう交流スポット

待ち合わせに最適な家康公の像が見守る、城下町にふさわしいペデストリアンデッキや回廊テラスでは、今人気の新鮮素材を扱ったマルシェやフリーマーケット、さまざまな歴史・文化交流ができるイベントなどが行われる予定です。岡崎の伝統ある匠の技を身近に感じることができたり、岡崎ならではの食材に舌鼓したり、様々なクリエイトな体感したり、鑑賞したり…と、楽しさは無限大!にぎやかで元気な城下町にふさわしい玄関口になります。





☞どうなる?駅舎・岡ビル 教えて!拠点整備課さん

こんにちは。岡崎市拠点整備課です。
この先、駅舎や岡ビルがどのように変わっていくのか、みなさん気になりますよね。
駅舎や岡ビルは駅の東側一帯の工事がひと段落してから取り掛かる予定です。
現在は、名古屋鉄道株式会社さんと、より使いやすい駅になるように、整備内容等について話し合いをしているところです。
みなさんに喜んで使っていただけるような、素敵な岡崎市の玄関口になるようにがんばりますので、楽しみにしていてください!


そ、そんなわけで、岡崎の玄関、東岡崎駅の周辺が、今後大きく様変わりしそうだね~♪
とっても楽しみ^^
引き続き、リバフロ通信に大注目だよ~♪

リバフロ通信①乙川河川敷編を読む

コメント

このブログの人気の投稿

【リバフロ通信①】夢ある新しい岡崎へ。進化した乙川河川敷を見てみよう♪

【corinミニ企画】こりん会議!~商店主さんたちに、康生の『イイところ』聞いてみた!!~